Biography

 

中国で生まれ、大学で来日。2○歳のとき「中国人としては大学からが足りない。日本人としては大学までが足りない。それなら混ぜるか・・。南米がいい!」と、単身アルゼンチンへ。トランクの多くを「つけまつげ」が占めていたという。○年の滞在の中で、愛と暴力、自由と貧困、は隣り合わせだと学ぶ。アマゾンのシャーマンと暮らし、セラピーを通じて見た前世の夢無子は、“虹色に彩られた魔女”だったとか。

「高いところに辿り着いた人だけが見ることができる景色が見たい」― それが制作の原点だ。自由でいるため、国も家も捨て、スーツケース一個で生きている。コロナ以降、動物や植物と話すことが増えた。透明な(毒入り!)くらげのように自由に泳ぎ、「まだ人間になる前だからさ」と、笑いながら旅を続ける。

夢無子は、苦しみや残酷を見事にエンタメに昇華する。そして、時代の波に乗りながら表現の可能性を探し続けるアーティストである。

by 梶川由紀 (何必館・京都現代美術館キュレーター)

A8647E31-9A2C-40C5-9153-1C6FCECF0312.jpg

Exhibition

2021年     皺む/wrinkle up」(キヤノンギャラリー東京+大阪個展開催/Tokyo+Osaka, Japan)

2021年  「無、無、無、  そして。」(ソニーイメージングギャラリー銀座個展開催/Tokyo, Japan)
2020年 「Role・Me/角我色」(IWEI Art Museum個展開催/Yunnan, China)

2017年  「待ち伏せ・Under Siege」(New York Time Square/New York, USA)
2016年  「Surviving」(全30点中国国立民族美術館に永久所蔵/Beijing, China)
2016年  「Raw」(La Galleria Pall Mall/London, UK)

Awards

2021年    ZOOMS JAPAN 2021のエディター賞受賞 /Tokyo, Japan

2019年    CANON 第 2 回 「SHINES 写真家オーディション受賞」(江川賀奈予選・川本康選)/Tokyo, Japan

2019年    第21 回写真1-WALL 審査員奨励賞受賞(審査員 姫野希美氏)/Tokyo, Japan
2016年    EWAACアート展写真部門グランプリ受賞/London, UK
2016年    シエナ国際写真賞入選/Siena, Italy

 

   


   


   

エンタメ×時代性×自由

Success! Message received.